としっぴーず

旅行やミュージカル、Wordpress等のITネタ中心のブログ

2015NY観劇旅行その①「アラジン」

   

今回のニューヨーク訪問での初舞台はアラジンだ。日本では四季が大ヒット上演中であり、私も7月に1度見ている。アラジンを初舞台に選んだのはストーリーやシーンの記憶が新しいので、英語での観劇のウォーミングアップに丁度良いと思ったからでである。

アムステルダム劇場

初めてアムステルダム劇場に入ってみた。
劇場はディズニーの作品に相応しいゴージャスでキレイな作り。他の劇場と比べると新しく見えた。3階席まであるがエレベーターも確か3機完備である。

この日のキャスト

Genie : James Monroe Iglehart
Jafar : Jonathan Freeman
Lago : Don Darryl Rivera
Aladdin : Adam Jacobs
Jasmine : Courtney Reed

おすすめはトニー賞でも有名なこのシーン

この演目はジーニーの独り舞台と言ってもいい。それだけ一人で歌って踊って笑いを取る。一番の見せ場はジーニーの登場のくだり。砂の中の怪物みたいなやつの中にランプを取りに行ったアラジンと、そこで登場したジーニーが歌い踊りまくるシーン。トニー賞でも演じていたシーンだ。

ジェームズ・モンロー・アイグルハートでよかった

四季でもやっているためどうしても四季と比べてしまう。四季の3人のジーニーのうち私は一人見ただけであるが、声量とキャラクターがジーニーっぽいという点でジェームズの方が良かった。ブロードウェイでの開幕して2年、ジェームズが一人で演じているらしい。歌って踊って笑いも取れるデブはいくらブロードウェイでも貴重な存在なのだろう。ジェームズが演じているうちに観ておけて良かった。

 - ニューヨーク, ブロードウェイ, ミュージカル, 旅行