としっぴーず

旅行やミュージカル、Wordpress等のITネタ中心のブログ

シンガポール旅行1日目 チャンギ国際空港

      2016/12/17

前回まではこちら。

シンガポール・チャンギ国際空港

イミグレを通過して、シンガポール入国完了。イミグレでは特に質問なし。スーツケースを受け取りにレーンを探す。

どのレーンなのか少々分かりづらいが、日本人が集まってるとこ発見。近づいて便名を確認して待つ。

無事にスーツケースを見つけピックアップ。背負っていたバックパックをスーツケースに装着する。

続いて、シンガポールドルのキャッシュを調達するため、ATMを探す。なかなか見つからなかったが、端っこまで歩いたところで発見。3台並んでる。

チャンギ空港のATM

チャンギ空港のATM

 

適当に一番端のATMにvisaのクレカ挿入。画面に従って進んでみる。pinコードを入力。金額を入力。エンター押してしばらく待つ。

エラー。技術的な問題みたいな事が書いてある。

他の2台で試す。どれと同じ。なんでだ。わからん。

あきらめてJTBのカードで試す。成功。お金がでてきた。よくわからんが無事にキャッシュをゲットできたので良しとする。初めてきた国では結果オーライで良いのだ。

続いてスマホを使えるようにするため、SIMの売店を探す。

それっぽいカウンターを発見。よく見てみる。

チャンギ空港の売店

 

hi!Tourist SIMという旅行者向けのsimがあり、2プランあるようだ。

購入したのは、1GBまでのデータ通信で $32のやつ。3泊4日なので1gで十分。この時、シンガポールドル80円くらいだから安い方で2500円くらいか。

売店のお姉ちゃんに安い方のプランを指差し、カバーを外してsimがさせる状態のスマホとクレカ、パスポートをカウンターに置く。

店のお姉ちゃんがパスポートを確認してカードで決済を済ませ、真新しいSIMカードの封を開ける。

私の格安スマホはマルチスロットになっているので、どのスロットにするか聞いてくる。どれでもいいよと答えると、慣れた手つきでSIMを指し、フタを閉めて渡してくれた。

が、なかなか電波が入らない。しばらく待ってみてもダメ。再起動してもダメ。さっぱりわからない。

困った顔してお姉ちゃんに助けを乞う。

お姉ちゃん、スマホのフタを開け、別のスロットに挿し直してみる。成功。さすが。よかった。

手厚くお礼を言って、次は駅に向かう。

チャンギ国際空港は駅も近い

 

ちょうど電車が来たのか、空港に向かう人が押し寄せてきた。通勤ラッシュのような慌ただしさ。

チャンギエアポート駅

券売機発見。買ってみる。

チャンギ・エアポート駅の券売機

 

今日泊まるマリーナベイサンズはベイフロント駅。チャンギ空港からは、空港線、東西線、環状線と乗り換えて30分ほどらしい。

券売機はでっかいタッチパネルを操作して切符を買う。プリペイドカード式で初回はカード代が少しかかる。

MRTの券売機

 

買い方は、タッチパネルのディスプレイに路線図が出るのでは行き先をタッチするか、名前から目的地を選択する。非常にわかりやすい。ベイフロント駅をまで2.5$だ。

さっきATMで手にした$10を入れてみる。すぐ返ってきた。なんかダメみたいだ。もう1回やってみるがやっぱりダメ。なんでたろう。

よく見ると使える紙幣は$5以下のようで$10紙幣は使えないようだ。日本でいうと1000円札が使えない感じ。さすがに少額すぎだろ。

クレカではどうかと挿したりスワイプしたりしてみたが反応無し。むむむ。

小銭欲しさにロビーに戻りスタバに行ってみる。コーヒーを飲んでしばし休憩した。小銭ゲット。

再び駅まで歩いて券売機の前。今度は無事に買えた。

プリペイドカード式のチケット

 

シンガポールの電車はホームも車両も広くて、快適。揺れも少なく乗り心地も良い。

環状線の車内

 

車内でノードリアンをよく見かけたがジョークなのかガチなのかわからん。シンガポールのMRTは東西線、南北線、環状線、あとなんか。何路線あるけど、構造がシンプルなので難しくない。

ベイフロント駅着。適当に外にでみるとマリーナベイサンズ発見。
おおぉ。

マリーナベイサンズ

 

続き

 - シンガポール, 旅行