としっぴーず

旅行やミュージカル、Wordpress等のITネタ中心のブログ

タイ旅行記3日目〜ワットプラケオ〜

      2016/10/30

3連休を使ってのタイ旅行も最終日。今日の深夜便で東京に帰ります。

前回のレポートはこちら

ちなみに帰りの便は、明日の朝、成田について、そのままフレックス出社してギリギリ間に合う感じ。深夜便で少ない休みで効率的に旅行できますな。ちょっと疲れるけどね。

この日はホテルの朝食をいただきました。バイヨークブティックホテルの朝食は口コミ等でそれほど悪くはなさそうでしたので行ってみました。

ホテルの上層階に朝食ラウンジがありました。

ブュッフェには和洋折衷揃っており、味もまぁまぁ。口コミ通り悪くはありませんでした。

ワットプラケオ観光

さて、ワットプラケオに出発します。ホテルから大きな通りまで出て、タクシーを止めます。

道は結構渋滞していてワットプラケオまで20分ほどかかりました。

このタクシーはちゃんとメーターを動かしてました。料金は200バーツ弱。ノーメーターのの相場200バーツとほぼ同じ。ある程度距離がある移動ならば、200バーツとふっかけられても受け入れた方がスムーズかもですね。

ワットプラケオ着

ワットプラケオ着

 

さ、ワットプラケオに入ります。

入口

入口

 

まずゲード入ってすぐのところにある服装チェック&荷物検査の列に並びます。

月曜なのにめっちゃ人多い。中国人団体旅行客がたくさんいるようです。

荷物検査の所要時間約5分。リュックの中をチラッと見せて終了。ワットプラケオでは肌の露出はNGなので短パン、タンクトップはダメです。

この日は七部丈くらいのパンツを履いてましたが、何も言われなかったので良いのかな。

道なりに向かいます。混んでるなぁ。

見学に向かう人たち

見学に向かう人たち

 

道なりに歩いて行くとチケット売り場を発見。大人一枚500バーツ。

チケット売り場付近で衛兵の行進に遭遇。ロンドンのバッキンガム宮殿みたいな感じかな。

警備隊列

衛兵の行進

 

入場ゲートに向かう。ゲートは3列くらいの列になっていて、係員がチケットを確認している。

中国人団体客に続いて通ろうとすると、ゲートの係員に「チョットダメーチョットダメー」と怒られた。

すぐに七部丈のパンツがダメなのだとわかった。注意の仕方がうまいな。でも、中国人団体客の後なのに日本人だとなんでわかったのかな。

門のあたりまで戻って長いパンツを借りる。デポジットでいくらか預ける必要がある。細いお金がなかったので1000バーツ預ける。

こんな感じになった。

借りた長いパンツ

借りた長いパンツ

 

再び入場ゲートに向かい、無事入場完了。

黄金の仏塔

ワットプラケオ

お約束の構図

本堂の隣にある黄金のプラ・シー・ラタナー・チェディはワットプラケオを代表する建物。まばゆい。

本堂

タイ王室の守護神でもあるワットプラケオ。流石のゴージャスさ。エメラルドグリーンが本当にきれい。本堂の中にはエメラルド仏像があって、意外と小さかったの残念。遠いし。内部は撮影禁止みたいだ。

本堂

本堂

 

本堂の外壁にはガルーダの装飾が並ぶ。ガルーダ、なんかかわいい。

本堂の外壁

本堂の外壁

 

プラサートプラテープビドーン

プラサートプラテープビドーン

プラサートプラテープビドーン

階段を上ったところにある王室専用の御堂。プラサートプラテープビドーン。豪華絢爛な御堂は入れないが人がごった返していた。

 

さ、帰りの飛行機まで時間があるので、それまでお土産買ってエステでも行こう。

 - タイ, 旅行