としっぴーず

旅行やミュージカル、Wordpress等のITネタ中心のブログ

CentOS6+Nginx+MariaDBにphpMyAdminをインストールする〜さくらのVPSでWordPressを動かす⑤〜

   

DBやテーブルを作ったり、データを編集したい時はやっぱりphpMyAdminが便利です。

手動でインストール

最新バージョンを使用するため手動でインストールします。

ダウンロード&解凍

今回は /usr/share にインストールするとします。

最新版ダウンロードします。こちらでダウンロードURLを確認!

ダウンロードしたファイルを解凍します。

ダウンロードしたファイルはもう不要なので削除しておきます。

扱いやすいようにディレクリを変更します。

phpMyAdminの環境保管領域用のデータベースの作成

phpMyAdminの設定を格納するデータベースを作成します。このデータベースがなくても動作はしますが、ない場合は設定の有効範囲がセッションになります。

スクリプトを実行します。

データベースができたか確認します。

phpmyadminというデータベースができているはず。

quitコマンドで終了します。

config.phpの編集

暗号化のキーや言語設定を行います。

編集内容。

 

PHPのsessionのパスを確認

sessionの設定がまだの場合はここで設定します。

念のためphp.iniを事前にバックアップしておくと良いでしょう。

編集します。

念のためセッション保存先のパーミッションを確認します。

php-fpmの実行ユーザーで読み書きができればOK

 

nginxの設定

nginxでphpMyAdminを表示させるための設定を行います。

今回は、phpmyadmin用にconfファイルを作成し、それに設定を記載します。

設定内容。

念のため、basic認証もかけておきます。

confファイルへの追加。

設定内容。

 

再起動

終わり!

 - Webサーバ